体に効く食べ物が分かる「食事典」

体に効く食べ物が分かる食べ物事典。健康的に美容やダイエットに励みたい方や体の調子が悪いときなどにご活用ください!(食事典)

Category: 病気・症状

不眠症(睡眠障害)

不眠症(睡眠障害)の症状や原因、対策、予防、改善、治療となる食べ物(食事)・栄養素について徹底解説。

不眠、不眠症のボクでも、薬なしでぐっすり眠れるように!
不眠、睡眠障害でお悩みの方が快適な眠りを得ることができる“セラピーCD”を全額返金保障つきでプレゼント中!
不眠症(睡眠障害) 不眠症(睡眠障害)とは、満足できる睡眠がとれず社会生活に支障をきたしている状態のことで、「入眠障害」「中途覚醒」「熟眠障害」「早朝覚醒」の4つのタイプがあります。
入眠障害とは?
就寝時間になっても、なかなか寝付けない症状をいいます。不眠症の患者さんの中では、この入眠障害を抱える方が一番多いといわれています。
中途覚醒とは?
寝ている時に何度も目が覚め、眠れなくなってしまう症状をいいます。何度も目が覚めてしまうので、睡眠による充分な満足感が得られません。
熟眠障害とは?
眠りが浅く、充分に眠ったという満足感が得られない症状をいいます。特に老人の不眠や神経質な人に多い傾向があります。
早朝覚醒とは?
早朝になると目が覚め、その後は眠りにつくことができない症状をいいます。特に躁うつ病や高齢者に多い傾向があります。
更年期障害改善マニュアル
更年期障害なんて怖くない! 1日たったの7分でイライラ・頭ののぼせなどを伴う更年期障害を改善させてしまう方法。
↓ ↓ ↓

不眠症(睡眠障害)の原因
身体的不快・不調
風邪による咳や発熱、体のかゆみ、睡眠時無呼吸症候群など、身体的不快・不調が原因で不眠症になる場合があります。
これらの場合はまず、その身体的な問題を取り除くことが先決です。
環境の変化
旅行先のホテルの布団に馴染めず眠れなかったり、引越し先で隣人の騒音によって眠れなくなったり、季節の変化によって眠れなくなるなど、環境が変化することによって不眠症になる場合があります。
精神的なストレス
仕事や学校での悩みでイライラしたり不安になったりして、精神的なストレスがたまることで不眠症になる場合があります。
心の病気
精神的ストレスが更にひどくなり、うつ病などの精神疾患を引き起こすと不眠症になる場合があります。実は、うつ病の症状の一つに不眠症が挙げられるほど、うつ病と不眠は深い関係にあります。
薬やアルコール
薬の副作用やアルコール、カフェインの摂取によって不眠症になる場合があります。特に薬やアルコールの摂取が慢性的になってくると、次第に摂取量も多くなってくるので悪循環となってしまいます。
↓ ↓ ↓

不眠症(睡眠障害)に効果的な栄養素
トリプトファン
「メラトニン」と「セロトニン」というホルモンの働きにより眠気が起こるのですが、このセロトニンの原料になるのがトリプトファン(アミノ酸の一種)です。
バナナや牛乳にこのトリプトファンが多く含まれているので、不眠対策にはお勧めの食品です。
特に牛乳には、カルシウムやタンパク質、眠りを誘う「オピオイドペプチド」が豊富に含まれています。なので、ミルクを加えたバナナジュースは、不眠には最高の組み合わせと言えます。
トリプトファンを多く含む食材
セロトニン
セロトニンは、睡眠導入作用のある「メラトニン」というホルモンの分泌を促進します。体内にメラトニンが増えてくると、徐々に体が睡眠態勢に入っていきます。
また、セロトニンが増えるとその鎮静作用により、精神状態が落ち着いてイライラしなくなり、よく眠れるようになります。
セロトニンを多く含む食材
硫化アリル
玉ねぎの臭いの元でもある硫化アリルは、疲労回復を促すビタミンB1の吸収を高め、体内でビタミンB1が破壊されにくくする働きがあります。
そのため、ビタミンB1の効果を長く保たせながら、高ぶった神経を鎮め、不眠や精神の不安定を解消してくれます。
硫化アリルを多く含む食材
不眠症(睡眠障害)のために気を付けたいこと
寝酒は脳の緊張を和らげ、体を温める働きがあるため眠りやすくなるのですが、たくさん飲み過ぎると、眠りが浅くなり夜中に目が覚めやすくなるので注意が必要です。
また、夕食は眠る3時間前までには済ませるようにしないと、 眠る時間に胃腸の働きが活発になり、寝つきが悪くなります。
どうしても夕食が遅くなる場合は、なるべく消化のよいものを少しだけ食べるようにしましょう。
不眠、不眠症のボクでも、薬なしでぐっすり眠れるように!
不眠、睡眠障害でお悩みの方が快適な眠りを得ることができる“セラピーCD”を全額返金保障つきでプレゼント中!

痴呆症・認知症・アルツハイマー病

痴呆症・認知症・アルツハイマー病の症状や原因、対策、予防、改善、治療となる食べ物(食事)・栄養素について徹底解説。

痴呆症・認知症・アルツハイマー病 認知症とは、もともと正常だった脳の知的な働きが、後天的な病気の影響によって、持続的に低下した状態のことを言います。そして、実際の認知症患者の7割は「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」に分けられます。
アルツハイマー型認知症とは?
アルツハイマー型認知症は、認知症の中では一番多い疾患です。 その原因は不明ですが、脳内でなんらかの変化が起こり、脳の神経細胞が急激に減ってしまい、脳が萎縮して知能低下や人格が変わってしまったりします。
初期症状には、物忘れが頻繁に起こるのが特徴です。古い記憶は残っているのですが、最近の出来事を覚えることができません。そのため同じことを繰り返し聞いてきたり、置き忘れなどが増えます。
このアルツハイマー病は年々増加傾向にあり、50代の比較的若い時期に発症する人も増えています。
脳血管性認知症とは?
脳梗塞や脳出血などによって脳の神経細胞に酸素や栄養が行き届かなくなることで起こる障害です。梗塞や出血の程度が大きければ一度の発作で認知症が生じますが、自覚症状がないような小さな発作を繰り返すうちに神経細胞が広範囲で傷つけられ、やがて認知症が起こります。
脳血管性認知症を防ぐには、脳梗塞や脳出血の原因となる脳動脈硬化を予防することが大切になります。そのほか高血圧、高脂血症、糖尿病などいわゆる生活習慣病も危険因子になります。
更年期障害改善マニュアル
更年期障害なんて怖くない! 1日たったの7分でイライラ・頭ののぼせなどを伴う更年期障害を改善させてしまう方法。
↓ ↓ ↓

痴呆症・認知症・アルツハイマー病の原因
慢性硬膜下血腫
頭を打った後しばらくしてから、脳内で出血した血の固まりが脳を圧迫することで認知症症状が出ることがあります。
頭蓋内新生物
髄膜や脳の腫瘍によって認知症症状が出ることがあります。
正常圧水頭症
脳の脳室部分に髄液が貯まることで認知症症状が出ることがあります。
甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンが低下して認知症症状が出ることがあります。
ビタミン欠乏症
ビタミンB1、ビタミンB12、葉酸などのビタミン欠乏により認知症症状が出ることがあります。
低酸素血症
心不全や呼吸不全、重度の貧血で血液中の酸素濃度が低下して認知症症状が出ることがあります。
電解質異常
血液中の電解質(ミネラル)のバランスが崩れて認知症症状が出ることがあります。
↓ ↓ ↓

痴呆症・認知症・アルツハイマー病に効果的な栄養素
ビタミンC・Eなどの抗酸化栄養素
活性酸素によって体の細胞が傷つけられることでも老化を促してしまいますので、ビタミンC・Eなどの抗酸化作用のある食品を摂ることが大事です。
ビタミンCを多く含む食材  ビタミンEを多く含む食材
レシチン
大豆に多く含まれている「レシチン」は、脳細胞に多く存在し ”脳の栄養素“とも呼ばれています。
また、記憶機能に役立っている神経伝達物質「アセチルコリン」の材料にもなっていて、積極的に摂ることで記憶力や集中力をアップさせ、痴呆やアルツハイマー型痴呆などの予防・改善に役立つと言われています。
レシチンを多く含む食材
痴呆症・認知症・アルツハイマー病のために気を付けたいこと
喫煙は痴呆やアルツハイマー病に発病するリスクを倍加させると言われています。百害あって一利なし、タバコは控えましょう。
また、趣味を見つけ楽しく暮らすことは、心も体も健康になる生活手段の一つであり、脳の若さを保つ最良の薬となります。